No.473 兵庫県西宮市 髙山堂のみかさ

焼印の判別が非常に難しい 西宮市 髙山堂の「みかさ」です。「三笠山」でも「三笠」でもなく平仮名な名前も珍しいですよね。
No.473 兵庫県西宮市 髙山堂のみかさ

店舗名 髙山堂

商品名 みかさ
税込価格 162円
おいしさ 3 賞味期限 20日
コスパ 3 入手場所 神戸空港
MARINEAIR MART II
入手性 3+

販売期間 通年販売
お店情報

髙山堂は明治20年創業の和菓子の老舗。元々は大阪市で栗おこしを製造・販売するお店で、西宮市に移転したのは平成2年とのこと。ということで店舗は大阪市を中心に9店舗+オンラインショップを展開しています。
どら焼きラインアップはプレーンな「みかさ」一種類のみ。オンラインショップでは10個セット/15個セットが販売されています。

どら焼き

焼印はと篆書体風の書体で「一菓素心」と描かれていると思われます。

皮はふんわり柔らかめでやや崩れやすい水分少なめの生地。玉子味ですが洋風感はなく、優しい甘さでしっかり存在感があるのが特徴です。
餡は優しい甘さな水分少なめの柔らか粒あん。小豆の粒の皮が程よい硬さなため、食感の心地よいアクセントになっています。ただし量がやや少なめで、皮に比べて存在感が弱めです。

パッケージ

焼印を邪魔しない透明な袋に、「みかさ」と「髙山堂」の文字というシンプルなパッケージ。

評価

髙山堂の「みかさ」のおいしさ評価は皮3餡3のおいしさ3。皮も餡も水分少なめなのに口の水分が奪われることはなく、安心して食べられる癒し系のどら焼きです。
コスパ評価は価格162円=「3」+おいしさ補正「0」のコスパ3。入手性評価は兵庫県と大阪府に店舗が数店舗あること、通販可能、通年販売していることから入手性3+とします。