No.474 新宿中村屋のひめどらやき 粒栗

新宿中村屋で栗どらが2種類売っていたので両方食べてみました。まずは「ひめどらやき 粒栗」です。
No.474 新宿中村屋のひめどらやき 粒栗

店舗名 新宿中村屋

商品名 ひめどらやき 粒栗
税込価格 129円
おいしさ 3 s消費期限 3日
コスパ 4 入手場所 京急上大岡売店
入手性 4-

販売期間 期間限定(秋)
お店情報

中華まんとカレーでおなじみの「新宿中村屋」は和菓子や洋菓子も手掛けています。
どら焼きラインアップは公式サイトに一切情報がありませんが、ひめどらやき大判どら焼季富久どら焼とスーパーで購入可能などら焼など、販売ブランド毎に数種類あるようです。
今回購入した京急上大岡売店では、大判どら焼とひめどらやきに加え、これらの期間限定版が販売されています。

どら焼き

「ひめ」の名前の通りやや小さめサイズのどら焼きです。

皮はふんわり感があるしっかり焼かれた厚めの生地。表面は手が汚れない程度にしっとり、中はきめ細かいあっさり玉子味のオーソドックスなもの。「普通」なのが丁度良い美味しい皮です。
餡はやや甘めな柔らか粒あん。小豆は小粒ながらもサクッと柔らかで、豆々らしさは強くありませんが餡全体に小豆の味がしっかり感じられる美味しい粒あんです。
栗は主役は硬めで水気の少ない栗の甘露煮が丸々一つ。硬い食感は良いのですが甘さが弱いため粒あんに存在感が埋もれてしまい、また栗自身から渋さも感じます。この栗の存在自体が皮と餡の足を引っ張っているようにも感じられます。

パッケージ

評価

新宿中村屋の「ひめどらやき 粒栗」のおいしさ評価は皮3.5餡4栗2のおいしさ3。栗どらは栗が甘いと全体的に甘すぎるし、甘くないと目立たないし・・・バランス感覚の難しいどら焼きですね。
コスパ評価は価格129円=「4」+おいしさ補正「0」のコスパ4。入手性評価は全国の新宿中村屋の売店で購入可能なこと、期間限定なこと、通販不可なことから入手性4-とします。