No.1102 東京西馬込 わたなべのどら焼き

都営地下鉄浅草線 西馬込駅の近くで見つけた、わたなべの「どら焼き」をいただきます。
No.1102 東京西馬込 わたなべのどら焼き

店舗名 御菓子司 わたなべ
商品名 どら焼き
税込価格 150円
おいしさ 3 賞味期限 不明
コスパ 4 入手場所 本店
入手性 2 販売期間 通年販売
通販 不可 購入時期 2023/11
お店情報

御菓子司 わたなべは西馬込で昭和21年から続く和菓子の老舗。今回は駅東側の本店で購入しましたが、を挟んで反対の西側には支店もあるようです。
どら焼きラインアップはプレーンの他、バター・もちもち・梅・栗の計5種類。残念ながら通販は行っていないようです。

どら焼き

No.1102 東京西馬込 わたなべのどら焼き 切り口 width=
皮は密度高く中まできめ細かいのにふんわり感もあるしっかり生地。やや玉子味が強めで食感にホットケーキみはありますが洋風ではありません。おいしさ評価への影響はありませんが表面の焼き色と全体の形が整っているのがいいですよね。

餡はふっくら水分多めの粒あん。粒はかなり柔らかく粒感は極弱め。プリっとした強めの甘さですが後を引かないので、あまり重さを感じません。

焼印

西馬込周辺は大正末期から昭和初期にかけて文士・芸術家が多く移り住み「馬込文士村」と呼ばれていたとのこと。これにちなんだ焼印です。
No.1102 東京西馬込 わたなべのどら焼き 焼印

パッケージ

No.1102 東京西馬込 わたなべのどら焼き パッケージ

評価

わたなべの「どら焼き」のおいしさ評価は皮3.0餡3.5のおいしさ3。皮より餡が強いのですがバランスに破綻はなく、しっかり美味しいプレーンどら焼きです。この価格でこのボリュームなのもうれしいところ。
コスパ評価については1個150円=「4」+おいしさ補正「0」のコスパ4。入手性評価については西馬込の2店舗=[2]、通販不可、通年販売なことから入手性2とします。