AINEX PX-PCIE8CO-W2 取付レビュー

RADEON RX7600の電源ケーブルまわりをすっきりさせたくてAINEXのPCI Express用電源C字型変換アダプタ PX-PCIE8CO-W2を購入してみました。

PCI Express用電源変換アダプタ C字型 8ピン上ラッチ用 ホワイト PX-PCIE8CO-W2

名前の通りPCI-E 8ピン電源ケーブルを180度反転させてすっきり配線するためのアダプタ。

黒いPX-PCIE8COAは以前から販売されていましたが、背面がスポンジで凸凹しているため手作り感が漂っていました。白版は基板も樹脂で覆われて製品としての完成度が上がっています。

まぁAmazonで探すとノーブランドながらそっくりな物を半額程度で購入できるのですが、ヨドバシカメラで購入可能 & 検品済みと思えば1,000円強は高くありません。

上ラッチ、下ラッチ、どっち?

この変換アダプタを買う上で気を付けなければいけないのがラッチ(ツメ)の位置。ASUS DUAL RADEON RX7600は上ラッチでした。AINEXの写真を見るとASUS TUF Gaming GeForce RTX3070も上ラッチのようです。

ASUS DUAL RADEON RX7600にPX-PCIE8CO-W2を接続

まずは単体試験。こんな形ですっぽりはまります。ただしPX-PCIE8CO-W2のビデオカード側コネクタにラッチがないのでカチッとはまることはありません。最後までしっかり押し込む必要があります。

反対側から見たところ。

ケースの中でCPUクーラーに干渉しないか?

ビデオカードの上にヒョコっとはみ出る形なのでCryorig R1 Universalと干渉しないか心配でしたが杞憂でした。

14cmファン型で問題ないので一般的な12cmファン型ならさらに安心でしょう。

PCI Express 8ピンケーブルも取り付けてみました。が、この角度だとケーブルの存在が全くわからないですね。

真正面から見ることで、かろうじてケーブルを確認できるレベルにすっきりしました。元はこんなに嵩張っていてエアフローにも悪影響がありそうなほどでした。

配線を少し整理して2023年最終版の完成

以上、PX-PCIE8CO-W2のレビューでした。この形状の黒があればよかったのですが、白は白でアクセントになってよい感じです。