AMD PhenomX4 9750を購入

この記事はみんカラ riscascape別館「PhenomX4を買ったぞ!」の焼き直し記事です。


今までそこそこのスペックで我慢していたのですが、ついグッときて4コアのPhenomを買っちゃいました。流石クアッドコア。超快適そのものです♪

一言でPhenomの魅力を語ると・・・遅くならない!
分散処理が得意なので、同時に複数の処理を行っても体感速度が低下しないんですよね。
ベンチマークでこそintelのCore2には負けますが、気にならないよ!

圧巻は4コアすべて使用した動画のエンコード作業。
元々使っていた2コアのAthlon64X2よりクロック周波数は落ちているのに、コアの能力の向上とコア数2倍の威力とで、約1.8倍の速度でエンコードしてくれます。

今回は衝動買い気味だったので、かわりにMTBパーツは自粛です。いじればいじるほどキリがなくなるから、当分PCパーツ交換も自粛せねば!!

以下はメモの為にスペック晒し

【動作報告】
■CPU :AMD Phenom X4 9750 (95W)
■ロット :0809BPAW
■CPUFAN :scythe ANDY SAMURAI MASTER
■M/B :BIOSTAR TF560 A2+
■動作クロック : 2.4GHz
■FSB :(CPU-Zで計測) 201MHz
■倍率 :x12
■HT :x5
■PN! or C’n’Q :off
■vcore :(CPU-Zで計測) 1.216
■メモリ :Pulsar DCDDR2-4GB-800 1025MBx2 5-5-5-18-23 2T 実クロック:201MHz
■Superπ :33秒(104万桁)
■CPU温度 :40 度(π104万桁直後)

【注意事項】
オーバークロックは一切不可。
FSBやメモリ設定をデフォルトから変更するとBIOSが起動せずCMOSリセットが必要。
マザボはnvidiaのn560と古いのでHT3.0には対応せずHT2.0(1GHz)で動作する。
C’n’Qは、低負荷時にクロックが半分になるが電圧は変化しない。
ANDY SAMURAI MASTERの冷却能力は優秀。
Athlon64X2のFSB235MHzよりPhenomX4のFSB200MHzの方がメモリ関係は高速。
PhenomX4を取り付けるとBIOSのメモリ欄にDDR-1066が出現した。

スポンサーリンク
ad-article-bottom