CRYORIG R1 Universal 性能比較 VS NH-U12S

CRYORIG R1 Universalの冷却性能をNoctua NH-U12Sと比較してみました。

CRYORIG R1 Universal

R1 Universalの外見、フィッティングについてはこちらをどうぞ。

CRYORIG R1 Universal / AM4キットを購入
オモチャ的なカッコよさを求めて、またRYZEN7のOC耐性アップを期待してCRYORIG R1 Universalを購入しました。
Noctua NH-U12S VS CRYORIG R1 Universal

RYZEN7 1700をオールコア3.7GHz/1.2VにOCし、OCCT4.5.0のCPU:OCCTを6分実行した時、CPU温度、VRM周辺温度、MB温度、メモリ(CPU側)、メモリ(外側)の温度を比較します。メモリ温度はCrucial BALLISTIX ELITE Q4U2666BME-8Gの機能を用いています。

RYZEN7 3.7GHz@1.2Vの発熱量はコア95WとSOC15Wで120W前後です。NH-U12Sは12cm級シングルタワー/シングルファン、一方のR1 Universalは14cm級ツインタワー/デュアルファン、もう少し差が付くと思っていましたがCPU温度の差は2.3度でした。
TDP140W対応のNH-U12Sで十分と取るか、240W対応のR1 Universalなら更に2度以上下げられると取るか・・・

VRM周辺温度はR1 Universalへの変更で4度低下。14cmファン化によってVRM周辺に風が当たるようになった結果、温度が下がったということでしょう。同様にメモリ温度も僅かながら低下しています。

VRM周辺温度も下げれたことは良かったのですが、価格・カタログスペックの割に期待外れ感が否めません。ケースの排熱能力不足な気がするので、サイドパネルを外してもう一度OCCTをかけてみます。

CRYORIG R1 Universal ケースのサイドパネル有り無しの比較

サイドパネルを外したことでCPU温度が8度、VRM周辺温度が7度も下がりました。やはりケース上部の排熱が間に合っていないようです。
利用中のケースファン「SP120 PWM Quiet Edition」の最大風量は37.85CFM、CPUファン「XF140」は76CFMと倍以上の差があるため、このを埋めないとR1 Universalの本当の性能を引き出せないということですね。

過去の計測結果と比較

最後に以前取得したWraith Spire/NH-U12Sとの比較です。条件はRYZEN 7 1700のOCを3.7GHz@VID1.2875Vでそろえ、CineBenchR15とOCCT5分、7分、10分のCPU温度を取得します。

CPUクーラー 室温 アイドル CinebenchR15
実施直後
OCCT
5分
OCCT
7分
OCCT
10分
Wraith Spire 18C 37C 70C 79.3C 81.5C 83.25C
NH-U12S 19C 33C 62.5C 73.5C 73.5C 73.0C
R1 Universal 27C 36C 66.1C 69.8C 74.4C 75.3C
R1 Universal
(サイドパネル開放)
27C 32C 61.0C 65.9C 71.0C 72.3C

室温が8~9度も違うのですが、サイドパネルを閉じた状態でも負荷時の温度差は3~5度差に収まっています。さらにサイドパネルを開けると温度は逆転していることから、エアフローがしっかりしていればR1 Universalは夏でも安心してOCできるだけの冷却性能がありそうです。

スポンサーリンク
レクタングル (大)

レクタングル (大)