RYZEN 7 1700 常用OCクロックを考える

RYZEN 7の常用OCクロックを決めるため、AMD Ryzen MasterとHWiNFOを使ってVIDとクロック毎のCPUの消費電力データを取ってみました。

データ取得環境

AMD Ryzen MasterでクロックとVIDの変更し、CineBenchR15でCPUに負荷を与えた場合のCPU消費電力をHWiNFOを使って計測します。参考にするのは「CPU Package Power」。この値を信じることにします。

VIDとクロック別の消費電力

AMD Ryzen Masterではクロックの変更幅が3000MHz~、VIDが最大1.55vとなっています。そこで3000~4000MHzの100MHz毎にVID1.00~1.55vまでの要所要所のCineBenchR15ベンチが完走した時の最大消費電力(W)を表にしてみました。
また太文字の3つはOCCT負荷テストを20分クリアしています。

0.95 1.00 1.10 1.20 1.25 1.30 1.35 1.40 1.45 1.5 1.55
3000 x 59 71 83 91 99 107 116 126 137 146
3100 60 119
3200 62 74 122
3300 x 76 124
3400 77 127
3500 78 128
3600 x 94 130
3700 x 93 104 113 122 132 144 159 173
3800 x 105 114 126 137 149 163 176
3900 x x x 138 149 164 180
4000 x 153 x x(183)

※「-」は未計測、「x」はOSのフリーズまたはCineBenchのエラーが発生した組み合わせ

一覧表の見どころ

1700の最大クロックである3700MHzは1.2Vで回りました。この時の消費電力は93Wと100W以下に収まっています。1700の最大クロックが3700MHzなのも納得です。

3000MHz固定で安定動作可能な電圧を探ったところ1.0VでOKなことが判明。この時の消費電力はたったの59W。これなら今後発売されるだろうitxマザーボードとロープロファイルCPUクーラーでESXiサーバを作るのも面白そう。
なお0.95vは設定した瞬間画面が暗転したため、これ以上の消費電力削減は無理そうです。

3000MHz固定のまま電圧を0.05Vずつ上げていくと、しっかり電圧の二乗倍に消費電力が上昇していってます。計算通りではあるものの1.40V以降の上昇率が特に大きいのが怖いところ。

VIDを1.40Vに固定した場合の各クロックを計測。3700と3800に一つの壁があるような気がします。またこの設定では4000MHzが通らなかったので1.45Vも試してみたところ遂にCineBench完走を達成。OCCTは落ちるので常用は無理ですが、一応4000MHzでも動作できる石だということがわかりました。

そしてさらに電圧をかければ4000MHzで安定するのでは?と試してみましたが、今度は3900MHzまでしか回らない結果に。そして消費電力は173~183Wと危険領域に突入してしまいました。B350M-AはCPU側が4フェーズしかないのでVRMが悲鳴を上げているはずです。もしかしたら発熱がひどすぎて、高クロック耐性に影響が出ているのかもしれません。

常用クロック設定は?

NH-U12Sのスペックシートを読むと対応TDPは140Wオーバー(AM3+)とのこと。
計測結果から140Wに収まる最高クロックは3900MHz@1.40v、148Wな4000MHz@1.45vもファンの回転数を高めにして使えば問題なさそう。

そしてCPUマージンを持たせるなら3700MHz@1.2vが、性能と消費電力のバランスが良さそうです。

スポンサーリンク
レクタングル (大)

レクタングル (大)