No.405 広島市 旬月神楽 白島工房の銀のどらやき

新宿高島屋で見つけた、広島の白あずきどら焼き「銀のどらやき」をいただきます。

No.405 広島市 旬月神楽 白島工房の銀のどらやき

店舗名 旬月神楽 白島工房
商品名 銀のどらやき
税込価格 195円
おいしさ 4 消費期限 3日
コスパ 4 入手場所 新宿高島屋 銘菓百選
入手性 2

販売期間 通年

※評価基準はコチラを参照

お店情報

旬月神楽は、呉市の和菓子屋「蜜屋」が広島市で展開する店舗(ブランド)名。その2号店が旬月神楽 白島工房です。どら焼きラインアップは小豆を使った「金のどらやき」と白あずきの「銀のどらやき」の2種類に加え、特定店舗のみで発売するドライフルーツどら焼きや企画物のどら焼きもあるようです。
公式サイトがないので詳しく調べられませんでしたが旬月神楽の2店舗の他に広島県の主要な駅でどら焼きの取り扱いがあるようです。また関東圏では新宿高島屋の銘菓百選(諸国銘菓)で毎週日曜の午後から購入可能です。

どら焼き

焼印は旬月神楽のロゴのようです。なお「金のどらやき」にも色違いの焼印があります。専用の焼印とはこだわってますね。

皮はふんわりもっちりしっとりとした食感なあっさり塩気のある生地。甘さは控えで玉子味の皮は見ため以上のボリューム感があります。
餡は、珍しい白小豆を使った白あん。なのですが豆の粒が大きめなこと、水分が多めでねっとりな食感なことから小豆らしさは控えめで白手亡などの普通の白あんに雰囲気が似ています。餡自体の量が少なめなこと、それほど甘くないことから重さはありません。

評価


旬月神楽 白島工房の「銀のどらやき」のおいしさ評価は皮4餡4のおいしさ4。皮・餡ともに優しさを感じるバランスの良いどら焼きです。
コスパ評価は価格195円=「3」+おいしさ補正「+1」のコスパ4。入手性評価は、広島県内では入手性が良さそうなこと、通年販売なことから入手性2とします。