No.321 山形県米沢市 角屋菓子店のバター入どら焼

お土産として頂いた、米沢市 角屋菓子店のバター入どら焼です。

NNo.321 山形県米沢市 角屋菓子店のバター入どら焼

店舗名 角屋菓子店
商品名 バター入どら焼
税込価格 162円
おいしさ 3 賞味期限 10日
コスパ 4 入手場所 たかはた地産館
入手性 1

販売期間 通年

※評価基準はコチラを参照

お店情報

角屋菓子店は米沢市 山形大学工学部の東側にある和洋菓子店。最寄駅はJR南米沢駅です。
どら焼きラインアップは名物らしい「ジャンボどら焼き」と通常サイズの「バター入どら焼」とのこと。今回取り上げたバター入どら焼は、道の駅たかはたのたかはた地産館で購入したお土産ものです。

どら焼き


皮は全体的にしっとりした粗めの生地で、少しぼそぼそしている珍しい食感のもの。甘さと味は普通ですが食感が個性的な皮です。
餡は水分多めのねっとり粒あん。小豆の粒はたっぷり入っていますが豆感は高くなく、お汁粉のあんのような感じがします。
バターは本物のバターが使われています。塩気が少なめなので味のアクセントというよりは滑らかさを担当しているようです。

評価


角屋菓子店の「バター入どら焼」のおいしさ評価は皮3餡3バター3のおいしさ3。バターのおかげでちょっと変わった洋風感のあるどら焼きです。
コスパ評価は価格162円=「3」+おいしさ補正「0」=コスパ3。入手性評価は、店舗+道の駅で購入可能なことから入手性2とします。