PS4のメディアプレーヤーをレビュー v2.50版

PS4のメディアプレイヤー v2.50 が2016/10/14に公開されました。早速ざっくりと変更点を確認していきます。
ps_mediaplayer_v25_1

v2.00へのアップデート内容

今回の変更点は3点です。
・PSVRでエクレクタンギュラー形式の動画ファイル/画像ファイルに対応
・ハイレゾ音源(FLAC)に対応
・ハイレゾ(最大192kHz/24bit)相当にアップサンプリングを行うDSEE HXに対応

ps_mediaplayer_v25_2

PSVR対応についてはノーコメント。
FLAC対応はハイレゾ対応の副産物だと思いますが素直にうれしい改良点です。DSEE HXはPS3のアップサンプリング/ビットマッピングの現代版というところでしょうか。PS3と違いDSEE HXのON/OFF機能がなく、音質比較できないことだけは残念。

v2.50を音楽プレイヤーとしてチェック

USBメモリのフォルダを表示してみると前回は認識していなかったFLACファイルを認識できています。ファイルとして認識しているのでこの画面で曲名が表示され無いのはmp3/m4aと同じ。
ps_mediaplayer_v25_3

DLNAサーバ経由でもFLACを認識できることを確認。ジャケットが表示されていない音源についてはDLNAサーバ側の問題(FLAC ID3v2に未対応)なのでPS4のせいではありません。
ps_mediaplayer_v25_4

USBファイル内のハイレゾFLACファイルの詳細を確認してみました。サンプリング周波数の表示がないのでハイレゾかどうか分からないですね。
ps_mediaplayer_v25_5

DLNA経由で詳細を確認してもやはりサンプリング周波数が表示されません。
ps_mediaplayer_v25_6

なおwmaファイル、aacファイル、mp4ファイル未対応は変わらず。そもそもアップデート履歴にありませんし、これらのフォーマットには対応する気が無いのだと思っています。

v2.50(DSEE HX)の音質

BDP-S6200で再生したm4aファイルと比較してみます。PS4/BDP-S6200共にHDMIで音声を出力しHDMI-AEX→RDA-520→4312Mと音をだします。
聴き比べてみるとPS4の方が高音がスッキリしていていますが中低音が弱め。音圧も若干低いのか同じボリュームでもPS4の方が音が小さく聞こえます。ハイレゾを意識した音作りなのかもしれません。やはりDSEE HXのON/OFF機能を欲しいところです。

動画プレイヤーとしてチェック

最後にDLNA経由で動画ファイルをいくつかチェックしましたが、対応フォーマットはv2.00→v2.50で特に変化なし。mp4ファイルの読み込み時間が長いのも変わらずです。1分ほど待たされた結果、「メディアを再生できません。」と表示されるのはそろそろ解決してほしいところ。
ps_mediaplayer_v25_7

v3.00に臨むこと

FLAC&ハイレゾ対応でメディアプレイヤーとしての実用性が確実に増しました。次はDSEE HXのON/OFF機能搭載、ALACなど対応フォーマットの追加で音楽プレイヤーとして磨きをかけ、動画ファイルの対応フォーマット追加、読み込み速度の改善も期待したいところ。PSVRの登場でPS4が再び(マルチ)メディアセンターに返り咲こうとしている今こそ頑張って欲しいですね。

スポンサーリンク
レクタングル (大)
レクタングル (大)