No.1137 神奈川県小田原市 菜の花の特急踊り子号どらやき

JR横浜駅の改札内で小田原菜の花の催事を発見。なんとレアな焼印でプレーンなどら焼きを手に入れてしまいました。
No.1137 神奈川県小田原市 菜の花の特急踊り子号どらやき

店舗名 和菓子 菜の花

商品名 小田原 特急踊り子号どらやき
税込価格 280円
おいしさ 4 消費期限 4日
コスパ 2 入手場所 JR横浜駅
入手性 1- 販売期間 期間販売
通販 不可 購入時期 2024/4
お店情報

和菓子 菜の花は小田原市と箱根町を中心に店舗を展開する創作和菓子のお店。その中でもどら焼きをメインに取り扱っているのが小田原市の「どらやき・菜の花」です。
どら焼きラインアップはバターどらの「小田原うさぎ」、季節限定らしい白あんの「白うさぎ」と、どらやき・菜の花店頭限定の「栗どらやき」を確認。季節限定どら焼きは他にも種類があるはずです。

どら焼き

待望のプレーン!催事店頭では「JRオリジナルどらやき」の名前で販売されていました。
No.1137 神奈川県小田原市 菜の花の特急踊り子号どらやき 切り口
皮は厚手でふっくら弾力がある「す」のある生地。袋をあけると甘い卵の香りが広がります。栗やバターのないシンプルな状態で食べてみると、さりげない塩気と香ばしさを感じつつも意外と正統派。しっかりおいしいどら皮です。

餡はとろとろペースト部とシャキッとした歯ごたえの粒あん。粒は大納言とのことですが小粒で実は柔らかめ。一方粒の皮のシャキシャキとした食感が心地よく、しっかり粒あんとして認識できます。量もたっぷりで大柄な皮に負けていません。

焼印

車両には詳しくないのですが2020年から運行している「E257系踊り子号」のようですね
No.1137 神奈川県小田原市 菜の花の特急踊り子号どらやき 焼印 E257系踊り子号

パッケージ

透明な袋に専用デザインのシールが貼られています。袋は密閉されていませんので消費期限内に食べましょう!
No.1137 神奈川県小田原市 菜の花の特急踊り子号どらやき パッケージ

評価

菜の花の「特急踊り子号どらやき」のおいしさ評価は皮4.5餡4.0のおいしさ4。バター長くてもしっかりおいしいどら焼きでした。
コスパ評価は1個280円=「1」+おいしさ補正「+1」のコスパ2。入手性評価は今後ほかのイベントなどでも販売されるとは思いますが、今回の催事限定[1]、期間限定[-]、通販不可なことから入手性1-とします。

バリエーション

菜の花の一番人気はバター入りです

No.656 神奈川県小田原市 菜の花のどらやき小田原うさぎ
小田原に美味しいどら焼き屋さんがあると聞いて足を延ばしてみました。菜の花の「小田原うさぎ」です。

でも私は「どらやき白うさぎ」がお勧め!

No.657 神奈川県小田原市 菜の花のどらやき白うさぎ
小田原 どらやき・菜の花の「白うさぎ」をいただきます。