No.1138 新潟県魚沼市 にいがた本高砂屋の醤一位銅鑼

新潟にも本高砂屋があるのですね。パッケージ力が強い「醤一位銅鑼」を入手しました。
No.1138 新潟県魚沼市 にいがた本高砂屋の醤一位銅鑼

店舗名 にいがた本高砂屋

商品名 醤一位銅鑼(しょういちいどら)
税込価格 238円
おいしさ 4 賞味期限 10日
コスパ 3 入手場所 クイーンズ伊勢丹 横浜店
入手性 3 販売期間 通年販売
通販 不可 購入時期 2024/4
お店情報

神戸の本高砂屋と姉妹店のにいがた本高砂屋。魚沼市の本店のほか、アトレ亀戸(東京)と流山おおたかの森駅(千葉)にも店舗があるようです。
どら焼きラインアップは今回取り上げる「醤一位銅鑼」と本店限定のプレーンな「魚沼尾瀬銅鑼」の2種類。
今回はクイーンズ伊勢丹 横浜店の週替わり催事コーナーで入手しました。

どら焼き

No.1138 新潟県魚沼市 にいがた本高砂屋の醤一位銅鑼 切り口
皮は醤油味の濃い、きめ細で弾力のあるふっくら生地。塩気と香ばしさが強く、ねっとりとした甘さとあいまって自己主張強め。でも後述の餡との相性が良くて好印象。

餡はクルミ入りの粒あん。ペースト部は滑らか、粒は柔らかぷりっと系ですが粒感がありしっかり粒あんになっています。甘さ自体は強くないものの皮の塩気で軽く強調されているのでしっかり感があります。またクルミは一欠片一欠片は小さいものの噛み応えがよく、たっぷり入っていることもあって風味豊か。とても良いサプライズでした。

パッケージ

小千谷市 山崎醸造のしょうゆを強く推した力強いデザインのパッケージ。
No.1138 新潟県魚沼市 にいがた本高砂屋の醤一位銅鑼 パッケージ

評価

にいがた本高砂屋の「醤一位銅鑼」のおいしさ評価は皮3.5餡4.0でおいしさ4。皮の強い個性と餡の力強い風味のバランスがよいおいしいどら焼きでした。コスパ評価は238円=「2」+おいしさ補正[+1]のコスパ3。入手性については魚沼市・東京・千葉で購入可能なうえ、おそらく全国デパートの諸国銘菓でも購入可能と思われることから[3]+通年販売+通販不可で入手性3とします。

魚沼市の本店限定「魚沼尾瀬銅鑼」…とても惹かれます