No.331 横浜 香炉庵の桜餅どらやき

毎月楽しみにしている香炉庵の季節のどらやき。3月は「桜餅どらやき」です。

No.331 横浜 香炉庵の桜餅どらやき

店舗名 香炉庵

商品名 桜餅どらやき
税込価格 237円
おいしさ 4 消費期限 2日
コスパ 3 入手場所 そごう横浜店
入手性 2-

販売期間 3月

※評価基準はコチラを参照

お店情報

「香炉庵」は横浜元町にある黒糖の和菓子が得意なお店。看板商品は「黒糖どらやき」。
店舗は横浜元町の本店の他に横浜駅・新横浜駅・東京駅の3店舗。どら焼きラインアップは黒糖どらやき(通販可)・薄皮どら(通販可)と、毎月トッピングが変わる季節のどらやき(店舗限定販売)の3種類です。

どら焼き

焼印はかわいい桜の花。桜餅じゃないんですね。

皮は非黒糖なプレーン生地をベースに桜色と桜の葉が入れられたもの。味はいつもの美味しい香炉庵の皮なので安心感があり、そしてふんわり桜餅の香りがします。
餡は細かな桜葉入りの白あん。優しい甘さ、桜葉の塩気・香りが桜餅の「味」をザクザクとした食感が「葉」の雰囲気をよく表しています。
餅は白玉とのこと。そこそこ硬めで弾力があり皮と餡だけでは出せない桜餅の「餅」の食感を再現しています。桜餅と考えれば必要ですが、どら焼きと考えると不要なのが悩みどころ。

評価


香炉庵の「桜餅どらやき」のおいしさ評価は皮5餡4白玉3のおいしさ4。桜餅らしさが感じられる真面目などら焼きです。
コスパ評価は価格237円=「2」+おいしさ補正「+1」のコスパ3。入手性評価は香炉庵季節のどらやき共通の入手性2-です。

真面目に桜餅を再現した美味しいどら焼きでした。どら焼きよりも桜餅らしさの方が上なのが面白いかも。