No.330 横浜戸部 喜月のどらやき

横浜市西区役所付近の和菓子屋「喜月」のどらやきを食べてみました。

No.330 横浜戸部 喜月のどらやき

店舗名 喜月
商品名 どらやき
税込価格 150円
おいしさ 3 賞味期限 不明
コスパ 3 入手場所 喜月
入手性 1

販売期間 通年

※評価基準はコチラを参照

お店情報

喜月は横浜市西区中央に構える和菓子のお店。
看板商品が「喜月最中」ということから、基本的に最中屋さんのようです。この最中の皮には「喜月堂支店」と掘ってありますが、以前取り上げた喜月堂本店との関係性は不明です。

どら焼き

表面の焼印は「どらやき」と書いてあるようです。

皮は硬めの食感でしっかり甘い生地。硬さはありますが粉っぽさはありません。悪くはありませんが少し小さ目。もっと大きいほうが食べごたえが出て美味しく感じると思います。
餡はストレートに甘い粒あん。ただし粒は柔らかくて豆感はかなり弱めです。それ以外は特に嫌味のない無難な味の餡で、後味は意外とスッキリしています。

評価


喜月の「どらやき」のおいしさ評価は皮2.5餡3のおいしさ3。無難な皮と餡の組み合わせで、身近な和菓子屋のどら焼きという印象です。
コスパ評価は価格150円=「4」+おいしさ補正「0」+価格補正「-1」のコスパ3。入手性評価は喜月の1店舗でしか購入できないことから入手性1とします。