M.2 SSDケースとNASの相性問題 発生・原因究明編

玄人志向のM.2 SSDケースとNAS(QNAP TS-112)で相性問題が発生しました。現在は解決できていますが何が起きて何をしたのか整理します。※今回は解決しません

相性問題が出た組み合わせはこちら
QNAP TS-112P + Sandisk SSD Ultra 3D を購入
我が家のTS-112は2012年11月に購入して6年以上稼働しています。壊れる前に交換しておこうと、QNAP TS-112PとSa...
玄人志向 M.2(NVMe/SATA両対応)SSDケース を購入
先日入手したCrucial P3 4TBをNASで利用するために玄人志向のM.2 SSDケースを購入しました
Crucial P3 4TB CT4000P3SSD8 を入手
CrucialのM.2 SSD P3 4TBを入手しました。QLCタイプなのでNAS用として使う予定ですが、ひとまずベンチくらいは...
発生しているエラーについて

QNAP TS-112にGWM.2NVST-U3G2CCAを取り付けてバックアップ用ストレージとして利用したところ、夜間にこのようなエラーが発生していました。

"Information","03:00:08","System","127.0.0.1","localhost","[External Drive] (Sync) Job 日次BK-3:00-HOMES finished."

"Warning","03:00:02","System","127.0.0.1","localhost","[USBDisk1] I/O error, sense_key=0x5, asc=0x20, ascq=0x0, CDB=28 00 2e a0 18 a0 00 00 05 00 ."

"Information","03:00:00","System","127.0.0.1","localhost","[External Drive] (Sync) Job 日次BK-3:00-HOMES started."

発生タイミングとしては夜間の定期バックアップジョブ実行直後。なおジョブ自体は成功しているし実際バックアップも取れています。
そしてこのエラーメッセージを検索してみるとQNAPのサポートページがヒット。微妙に症状が異なりますが、NASが瞬間的にSSDを見失っているようです。

SSDを見失う原因は何か?

NASがSSDを見失う原因を想定したところ被疑箇所が結構ありそうです。

1.NAS(のkernel)が古い
2.NASとSSDケース間のUSB相性問題
3.SSDケースとSSD(Crucial P3 4TB CT4000P3SSD8)の相性
4.SSDケースの初期不良
5.SSD(Crucial P3 4TB CT4000P3SSD8)の故障

NASは今夏に更改する予定なので1と2は後回し。CrystalDiskInfoの状態が見える&正常なので4と5の判断もひとまず保留。まずは3を前提に調査を進めます。

相性であればケース/SSDどちらかでもファームウェア更新ができれば解決できる可能性がありますが、残念ながらどちらも未公開。

SSD買い替えは無理なのでSSDケース買い替え・・・USBとNVMeの変換チップ RTL9210BとSSDの相性だとして他のチップ指定で物色だな、とGoogle/Amazonで情報収集をしていたところ「自動スリープ機能」というキーワードが目に留まります。

 
 
原因これでは?
 
 
ちなみにM.2 SSDケース(GWM.2NVST-U3G2CCA)のサイトにもパッケージにも自動スリープの文言はありませんが、SSDケースの定番機能なので書いていないだけ、の可能性もあります。
まずは仮説が正しいか確かめるため、実機で実験します。

【検証】
「M.2 SSDケースを接続しフォルダにアクセス→n分待機→再アクセス」を繰り返しI/O error, sense_key=0x5・・・が発生する最小のnを突き止める!

【結果】
n=10

10分アクセスがないとI/O error, sense_key=0x5・・・が発生することが判明。原因はやはりスリープにありそうです。買いなおしを考えた瞬間、次なる問題が頭をよぎります。
 
 
スリープの記載がないSSDケースを買いなおしても今回のようにスリープするのでは?
 
 
他に方法がないか足掻くことにします。

RTL9210Bのスペックを熟読してみる

こういう時はスペックシートを読むに限る、ということで探してみましたが見当たらず、代わりにRealtekの製品ページを見つけました。

RTL9210B-CG
https://www.realtek.com/ja/products/connected-media-ics/item/rtl9210b-cg

RTL9210Bのことを「USBとNVMe or SATAのシンプルな変換チップ」だと思っていましたが「Supports Customized LEDs」の記載からカスタマイズ設定できそうなことが判明。
ということは設定ファイルまたはカスタムファームウェアがあり、スリープを無効化できる可能性が見えてきました。

解決編へ続く!!

自動スリープがエラーの原因と確定したわけではありませんが、この路線に絞って調査を続けることにします。
結論から言うと大正解。設定ファイルを抽出・スリープ無効設定で書き換えた後はI/O errorが出なくなりました。長くなるので次回 解決編 に続きます。

M.2 SSDケースとNASの相性問題 解決編
NASとM.2 SSDケースの組み合わせでI/O errorが発生する問題の解決編です。
スポンサーリンク