QNAP TS-112P + Sandisk SSD Ultra 3D を購入

我が家のTS-112は2012年11月に購入して6年以上稼働しています。壊れる前に交換しておこうと、QNAP TS-112PとSandisk SSD Ultra 3Dにリプレースしました。

QNAP TS-112P

すでに廃番のTS-112Pをいまさらながら入手。
TS-112との違いは筐体そのままCPU若干アップ、メモリ倍増、USB3.0搭載といったところ。リプレースを機に大幅性能アップも検討しましたが、設置場所・筐体サイズ・消費電力を重視して今回はマイチェンモデルを選びました。

1点気になっていた点としては、製品機能説明ではデュアルコアという記載があるのにハードウェア仕様ではシングルコアのCPUが載っていること。
後者なら順当、前者ならラッキーなのですが、cpuinfoを見てみると普通にシングルでした。

# cat /proc/cpuinfo
Processor name  : Feroceon 88F6282 rev 1 (v5l) @ 1.6 GHz
BogoMIPS        : 1587.60
Features        : swp half thumb fastmult edsp
CPU implementer : 0x56
CPU architecture: 5TE
CPU variant     : 0x2
CPU part        : 0x131
CPU revision    : 1

Hardware        : Feroceon-KW ARM
Revision        : 0000
Serial          : 0000000000000000

背面はUSB2.0がUSB3.0に変更となった以外は変更なし。

Sandisk SSD Ultra 3D 1TB

SanDiskのSSD Ultra 3D 1TB、型番的にはSDSSDH3-1T00-J25。
SSDの主流がQLCに変わってしまう前に確保しておこうと2万切りした直後に買って半年ほど寝かしていたもの。2019/6現在、同型番(TLCのまま)1.4万まで落ちているので完全に読みを外してますね。

TS-112Pに取り付けてみたところ。一見2.5インチHDD(SSD)固定用のネジ穴がないように見えますが・・・

ファンコネクタ付近に側面1か所止め用の穴が開いています。

性能について

所詮は旧世代機のマイナーチェンジなので性能に期待はしていないのですが、記録用にCDM6を取ってみました。これでもシーケンシャルRead 100MB/sが出てるんですね。また4KWriteが約10MB/s出ているので体感的にはとても快適です。

ちなみにEXT4の遅延アロケートを有効にすると、エクスプローラ上ではシーケンスシャルライトが最大60MB/sほどの速度がでます。60MB/sで律速になっているところを見るとボトルネックはCPUでしょうね。

遅延アロケートを無効にすると約40MB/s程度。それでもUSB2.0外付けHDDの速度程度は出ています。

エクスプローラ上でもシーケンシャルリードは100MB/s程度出てますね。

使い勝手について

当たり前ですがNASからシーク音が完全に消えました。静かになった反面、いつ読み書きしているのか分からなくなったとも言えますが、SSDなら衝撃・振動の心配をする必要がないのでデメリットではないですね。
またHDDの頃は省電力モードからの復帰(スピンアップ)に時間がかかり数秒間程度待たないとNASにアクセスできない事がありましたが、SSD化により待ち時間が0に。PC起動直後によく起こっていたのでかなり快適になっています。

総じて満足していますがPowerLED無効化の技が使えなくなりました。OSのバージョンが同じTS-112では消えていたので内部的な変更があったのでしょう。結構まぶしいので対策したいところ。ケース内側の透明パーツを青い油性ペンで塗りつぶしてみようかな。

QNAP TS-112のPowerLEDを消灯する (QTS4.2.1)
TS-112のPowerLEDは青色LEDなので結構まぶしいのですが、残念ながら輝度調整や消灯する方法がありませんでした。CLIで...
スポンサーリンク
レクタングル (大)


レクタングル (大)