Crucial P3 4TB CT4000P3SSD8 を入手

CrucialのM.2 SSD P3 4TBを入手しました。QLCタイプなのでNAS用として使う予定ですが、ひとまずベンチくらいは取っておきます。

Crucial P3 4TB CT4000P3SSD8

主要スペックはM.2 2280、PCI-E3.0x4接続、Micron製176層3D NAND搭載、コントローラはPhison PS5021-E21Tを使用しているためキャッシュ用DRAMレス、TBWは800TB。
容量とコストパフォーマンス重視のSSDで残念ながらPS5の追加ストレージとしては利用不可。

新古品のため、SSD固定ネジは一度外されています。

B550-Fに Crucial P3 を取り付ける

PCI-E3.0x4なのでチップセット経由の下側M.2ソケットに取り付けます。ATXマザーボードをMicroATXケースに押し込んでいるのでメンテの度に立体パズル状態ですが・・・

電源がフルモジュラータイプだと部分取り外しができて楽で良いですね。サクッとSSDを取り付けできました。

CrystalDiskInfoとCristalDiskMarkの結果を残しておく!

実はこのSSD、「Windowsから認識されない」ということで調査をするために受け取りました。
いろいろ試して正常に認識されるようになったのでCrystalDiskInfoとCristalDiskMarkの結果を張っておきます。カタログスペック通りのシーケンシャル速度がでていますね。

Crucial P3 4TB CT4000P3SSD8 実質未使用時のCrystalDiskInfo結果Crucial P3 4TB CT4000P3SSD8 CristalDiskMark 結果

SSDが認識されない原因はGoogleで検索してもなかなかヒットしない非常にレアケースでした。備忘として次回説明します。

SSDがWindowsに認識されない問題を解決する
Crucial P3 4TBをPCに取り付けましたが、Windowsが正常に認識してくれず利用できない状態でした。珍しいケースだと...
スポンサーリンク