No.1109 横浜市長津田 かわはらの栗どら焼き

少し間が空いてしまいましたが、長津田 かわはらの「栗どら焼き」をいただきます。
No.1109 横浜市長津田 かわはらの栗どら焼き

店舗名 和菓子処 かわはら

商品名 栗どら焼き
税込価格 195円
おいしさ 3 賞味期限 10日
コスパ 3 入手場所 店舗
入手性 1+ 販売期間 通年販売
通販 TEL/FAX 購入時期 2023/12
お店情報

かわはらは創業1909年、長津田で100年以上和菓子店を続ける老舗。最寄り駅はJR/東急 長津田駅ですが敷地内に駐車場があるのでクルマで買いにいくことも可能です。
どら焼きラインアップはプレーンな「どら焼き」と栗・あんバターの3種類と生どら焼きの4種類とおもっていたのですが、「ソフトクリーム」蒸しどら「緑山」、どら焼きシェイクもありようです。なかなか攻めていますね。

どら焼き

基本的な作りとしてはベースのどら焼きに栗の甘露煮が追加されたもの。
No.1109 横浜市長津田 かわはらの栗どら焼き 切り口
皮は全く同じもの。きめ細かなふんわり食感、あっさり生地。表面はしっとりしているのに手が汚れないのも良ポイント。
餡も大粒なねっとり粒あん。栗の分、量は若干少なめ。それでもはちみつの甘さが栗より目立ちます。
栗はホクホクコクコリで甘さより風味重視の甘露煮。餡より甘さは控えめで存在感が若干足りませんが、甘さが喧嘩しているということもないのでサクッと味を楽しめます。

パッケージ

大きく「栗どら焼」と書いてありますが、どら焼と全体デザインが同じなので間違えそうになりました。
No.1109 横浜市長津田 かわはらの栗どら焼き パッケージ

評価

かわはら「栗どら焼き」のおいしさ評価は皮3.0餡3.0栗3.0のおいしさ3。栗を堪能できるほどではありませんでしたが、バランスよくおいしいどら焼きでした。
コスパ評価は価格195円=[3]+おいしさ補正[+0]のコスパ3。入手性評価は1店舗のみ[1]+TEL/FAXで注文可能[+]+通年販売なことから入手性1+とします。

バリエーション
No.1107 横浜市長津田 かわはらのどら焼き
どら焼き求めて長津田へ。かわはらの「どら焼き」をいただきます。