B350M-A BIOS 0902 にアップ

B350M-AのBIOSに0902がきました。AGESAが1.0.0.6Bに上がっているのでアップデートしてみます。

0902の変更点

Micrococe Patch Levelが「8001129」に上がっています。AGESA1.0.0.6aは「8001126」でしたので僅かに上がっています。AGESA1.0.0.6Bについての公式リリースは出ていませんが、Linuxの一部の処理で頻発するSEGV問題の改善なようです。

Ai Tweaker/DRAM Timing Controlに「Mem Over Clock Fail Count」が追加されました。POST時のメモリOCエラーでダウンクロックする際の、エラーカウントの閾値を変更できるようになったみたいです。

またAi Tweaker/DRAM Timing Controlの最後にメモリのCAD値(メモリの抵抗パラメータ)が増えました。

設定項目は「MemCadBusClkDrvStren_SM」「MemCadBusAddrCmdDrvStren_SM」「MemCadBusCsDdtDrvStren_SM」「MemCadBusCkeDrvStren_SM」の4つ。C6HやX370-Proには既に項目があったようなので追いついたみたいです。基本的にAutoで良さそう。

0902で気づいたこと

0805で利用していたメモリの詳細パラメータ値を設定するとWindows起動時にエラーが発生するようになったので1st/2nd timings以外の値をAutoに戻しました。SEGV対策の影響でしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル (大)

レクタングル (大)