No.416 茨城県水戸市 亀じるしの極上どら焼 栗

亀じるしの「極上どら焼 小倉」に引き続き、「極上どら焼 栗」もいただきます。

No.416 茨城県水戸市 亀じるしの極上どら焼 栗

店舗名 亀じるし

商品名 極上どら焼 栗
税込価格 194円
おいしさ 3 賞味期限 3週間程度
コスパ 3 入手場所 蓮田PA(上り)
入手性 2+

販売期間 通年販売

※評価基準はコチラを参照

お店情報

茨城県水戸市を中心に茨城県内に店舗・テナントを展開する和菓子のお店「亀じるし」。水戸の銘菓「水戸の梅」とどら焼きが看板商品のようです。
どら焼きラインアップは極上どら焼 小倉・栗の2種類。単品の通販はありませんが、小倉と栗のセットのものが公式通販から購入可能です。

どら焼き


皮と餡は「小倉」と同じもの。両方とも柔らかふんわりで甘さ控えめなことから、味がぼやけ気味な感じがします。
注目の栗はというと砕いた甘露煮が粒あんの上に載っています。甘露煮は意外と栗の風味が残っていて美味しいもの。量はそこそこ多めでかなり甘いのですが、味気ない皮・餡との組み合わせで丁度よいアクセントに。個性が出てきた分、美味しく感じるようになりました。

評価

このパッケージ、一見「何どら」か不明なのですが、目を凝らすと黄色い字で「栗」と書いてあります。ちょっとわかりづらいかも。

亀じるしの「極上どら焼 栗」のおいしさ評価は皮2.5餡2栗3で、四捨五入でおいしさ3。小倉(プレーン)よりは美味しい栗どらに仕上がっていました。
コスパ評価は価格193円=「3」+おいしさ補正「0」のコスパ3。入手性評価は小倉と同じ入手性2+とします。