MSI Radeon RX 560 AERO ITX 4G OC のベンチ結果

Radeon RX560で各種ベンチマークを回したのでRX460と比較してみます。

MSI Radeon RX 560 AERO ITX 4G OC

ビデオカードの外見についてはこちらの記事をどうぞ。

MSI Radeon RX 560 AERO ITX 4G OC を購入
RADEON RX460を購入して一年も経っていませんがビデオカードを買い換えました。RX460からの乗り換え先として微妙な気もし...
GPU-Z

GPU-Z2.1.0のスクリーンショットです。PowerColor RX460と比較するとRX560のスペック通りシェーダ数が896から1024に微増。ビデオカードとしては外部電源無しのTDP枠に収める為か、またはコンパクトなヒートシンクで利用できるようにするためかコアクロックが1212MHzから1196MHzにダウンしています。

Board Power Limitを見るとPowerColor RX460で49WだったのがMSI RX560は48Wになっています。ここは製品によって異なるのでしょう。外部電源あり、ヒートパイプありのRX560ならもっと高いはず。なお「ULPS」はUltra Low Power Stateの略で、マルチGPUで利用していないGPUの消費電力を下げるモードのはずです。

RX560のASIC Qualityは68.7%でした。RX460は60.4%だったのでかなり向上しています。

Poralis Bios EditorでBIOSを確認

Poralis Bios Editorでもう少し詳しくBIOSを見てみます。RX560はメモリのステートがRX460の2段階から1段増え3段階になっています。

各種ベンチを取得

以前のベンチ結果とまとめて比較します。比較対象はA10-6800K(4.6GHz)/A10-6800K+RX460/RYZEN7 3.7GHz+RX460/RYZEN7 3.7GHz+RX560の4構成です。
RX460比でシェーダー数/CU数が14%増加した一方、TDP調整のためにクロックが2%程度ダウンしたRX560のスコアの伸び率に注目です。

PCMARK8

今回は画像なし。RX460→RX560でスコアは微増してますが1ポイント程度なので誤差レベル。それでもPCの総合力を測るPCMARKでもRX460→RX560でスコアが上がることに驚きました。

PCMARK8 A10-6800K
(4.6GHz)
A10-6800K
+RX460
RYZEN7 3.7GHz
+RX460
RYZEN7 3.7GHz
+RX560
HOME ACCELERATED 3.0 3192 3955 4539 4593
HOME CONVENTIONAL 3.0 2869 3154 4533 4565
ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク

DirectX11 1920×1080 最高品質。SCORE:5184 / 平均フレームレート:34.891
RX460比で5ポイントほど向上しています。460のOCで達成できるレベルと考えるか、同じTDPで5ポイント向上と考えるか・・・

A10-6800K
(4.6GHz)
A10-6800K
+RX 460
RYZEN7 3.7GHz
+RX460
RYZEN7 3.7GHz
+RX560
1920×1080/DX11/最高品質 1095 4742 4905 5184
PSO2 キャラクタークリエイト体験版 EPISODE4

RYZEN+RX460のスコアは取り忘れです。
PS4相当で9000前後なら多少のコマ落ちを許容すればゲームに支障はでなさそうです。

A10-6800K
(4.6GHz)
A10-6800K
+RX 460
RYZEN7 3.7GHz
+RX460
RYZEN7 3.7GHz
+RX560
720p/簡易設定3(デフォルト) 7432 31115 78256
1080p/簡易設定6(PS4相当) 590 7295 8723
3DMARK
RX460→RX560により、平均5ポイント程度スコアが上昇しています。

A10-6800K
(4.6GHz)
A10-6800K
+RX 460
RYZEN7 3.7GHz
+RX460
RYZEN7 3.7GHz
+RX560
Fire Srike 1146 4584 5029 5412
Fire Srike Graphics score 5465 5436 5866
Fire Srike Physics score 5103 16442 19072
Fire Srike Combined score 1942 1934 2039
Sky Diver 3951 12900 17492 19228
Sky Diver Graphics score 18271 17876 19353
Sky Diver Physics score 5314 14822 17500
Sky Diver Combined score 12138 19636 21362
Cloud Gate 6674 11231 22080 26704
Cloud Gate Graphics score 35617 34565 36457
Cloud Gate Physics score 3307 9747 13792
Ice Storm Extreme 55776 79562 143097 145300
Ice Storm Extreme Graphics score 116324 200349 211462
Ice Storm Extreme Physics score 37777 71543 69354
CINEBENCH R15

RX460→RX560によりFPSが18も上昇しているように見えます。ただしRX460のこのスコアはAGESA1.0.0.4A以前に取った値なので若干低めに出ているかもしれません。

A10-6800K
(4.6GHz)
A10-6800K
+RX 460
RYZEN7 3.7GHz
+RX460
RYZEN7 3.7GHz
+RX560
OpenGL 44.98fps 87.50fps 100.23fps 118.40fps
RADEON RX560 総評

同TDPな場合、RX560はRX460比で5ポイントほど向上しています。外部電源+冷却性能強化で大幅なOCを実現すればもっとスコアは伸びそうですが、この程度の伸びしろであればRX460からの買い替えには適さないと思います。

より低TDPで安価なRX550が登場している現状では、外部電源は不要でとりあえずHD画質(720p)で過不足なくゲーム/eスポーツを楽しめれば良い人向けのRADEONビデオカードと感じました。外部電源があっても良いならRX570の方が性能2倍/価格1.5倍とC/P比は高いはずです。まぁ在庫があればの話ですが。

なおマイニングについてですが、VRAMが最低3GBは無いとレートが安定しないようです。このビデオカードは4GBありますがヒートシンクが小さくて冷却に不安がありますし、RX580/570の半分以下のレートしか出ないようですのでマイニングには手を出さないつもりです。もしRX560で掘るならASUSのSTRIX辺りが良いかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル (大)

レクタングル (大)