No.1130 群馬県高崎市 丁子堂 房右衛門の高崎だいすき

前橋市編のつもりでしたが高崎駅前で見つけた「高崎だいすき」をいただきます。
No.1130 群馬県高崎市 丁子堂 房右衛門の高崎だいすき

店舗名 丁子堂 房右衛門

商品名 高崎だいすき
税込価格 259円
おいしさ 3 賞味期限 10日
コスパ 1 入手場所 高崎じまん
入手性 2+ 販売期間 通年販売
通販 Web 購入時期 2024/2
お店情報

丁子堂 房右衛門は高崎市に2店舗を構える創業明治36年の和菓子の老舗。3種の餡が楽しめる河岸最中、高崎=だるま ということでだるま最中が看板商品なようです。
どら焼きラインアップは朝焼き・手焼きな「朝どら」と日持ちのする「高崎だいすき(どらやき)」の2種類。どちらも達磨の焼印入りです。
購入店舗は高崎駅前、高崎オーパにあるアンテナショップ「高崎じまん」でした。

どら焼き

No.1130 群馬県高崎市 丁子堂 房右衛門の高崎だいすき 切り口
皮は表面さらっと中はふんわりもっちりとした厚手の生地。密度が高くボリューム感もあります。生地は黄色がやや強めですが玉子味は弱くて甘さは普通、「普通に美味しい」がピッタリな皮です。
餡は水分が多く甘さ強めながらも優しくすっきり感のある粒あん。粒は柔らかくはなくふんわり粒感がある程度ですが、小豆の皮のシャリ感が心地よいので結果的にしっかり粒あんです。

焼印

高崎といえば達磨、ということで焼印も達磨
No.1130 群馬県高崎市 丁子堂 房右衛門の高崎だいすき 焼印 高崎の達磨

パッケージ

達磨の赤を使わない白・茶・金の組み合わせ。高級感が出ています。
No.1130 群馬県高崎市 丁子堂 房右衛門の高崎だいすき パッケージ

評価

丁子堂 房右衛門の「高崎だいすき」のおいしさ評価は皮3.0餡3.5のおいしさ3。焼印だけじゃない、確かな美味しさのあるどら焼きです。これが駅前で購入できるのはGoodです!
コスパ評価は1個259円=「1」+おいしさ補正「0」のコスパ1。入手性評価については高崎市内2店舗+アンテナショップ1店舗=入手性2、通販可能[+]、通年販売なことから入手性2+とします。