No.488 宇都宮市 髙林堂のかりまんどら焼

宇都宮編 第5弾。宇都宮のかりんとう饅頭「かりまん」とどら焼きが合体した「かりまんどら焼」です。
No.488 宇都宮市 髙林堂のかりまんどら焼

店舗名 菓子庵 髙林堂

商品名 かりまんどら焼
税込価格 150円
おいしさ 3 賞味期限 2週間
コスパ 3 入手場所 宇都宮駅ビル パセオ店
入手性 2+

販売期間 通年販売
お店情報

かりんとう饅頭は全国各地にありますが、宇都宮でのかりんとう饅頭といえば、髙林堂の「宮のかりまん」。季節限定のバリエーションもありなかなか美味しそう。
どら焼きラインアップは「こがし山」の小倉・抹茶・栗の3種類と、かりまんカテゴリーにある「かりまんどら焼」の4種類。宇都宮市内の5店舗とさくら市の1店舗で購入可能です。また、かりまんどら焼きはオンラインショップでも取り寄せ可能です。
購入店舗はJR宇都宮店(パセオ店)。このお店は「こがし山」は売っていませんでした。

どら焼き


皮はしっとり柔らかな、ごく普通の黒糖生地。香ばしさはあるものの期待していた「かりんとう」らしさは感じられずちょっとガッカリ。それでも黒糖の味が濃く、ぼそぼそしたり生地が重かったりしないので食べやすい黒糖皮です。
餡はこしあん部が多く柔らかめの粒あん。小粒の小豆は柔らかめですが、皮が厚いためシャリっと噛み応えがあって良い食感。黒糖皮に負けない存在感があります。

パッケージ

評価

髙林堂の「かりまんどら焼」のおいしさ評価は皮3餡3のおいしさ3。かりんとうらしさは感じませんが、黒糖どら焼きとしては普通においしいどら焼きです。
コスパ評価は価格150円=「3」+おいしさ補正「0」のコスパ3。入手性評価は6店舗で購入可能、通年販売、通販可能なことから入手性2+とします。

次の宇都宮の出張では「こがし山」を確保してみようと思います。