No.418 ミニストップ/ケイ・エスカンパニーの瀬戸内レモンあんどら焼

6月にミニストップで見つけたのですが賞味期限が長いので後回しになってまして。時期を逃してしまいましたが「瀬戸内レモンあんどら焼」をいただきます。

No.418 ミニストップ/ケイ・エスカンパニーの瀬戸内レモンあんどら焼

店舗名 ミニストップ

商品名 瀬戸内レモンあんどら焼
税込価格 127円
おいしさ 2 賞味期限 1ヶ月以上
コスパ 3 入手場所 ミニストップ(関東)
入手性 4-

販売期間 6月~7月

※評価基準はコチラを参照

お店情報

ミニストップはAEON系列のコンビニ。ハロハロやパフェなどスイーツ系に強いイメージがあります。この瀬戸内レモンどら焼はミニストップの期間限定商品として6月~7月に販売していました。
製造元のケイ・エスカンパニーはコンビニ・スーパー用のお菓子を製造する愛知県春日井市の食品会社。ジャンボな「びっくり!どら焼」が有名なようです。

どら焼き


皮はジャンボどら焼きのメーカーらしくやや大型な、表面は水あめでしっとりで中はパサつき感の強い硬めの生地。値段とサイズから想像できそうな大量生産系の皮なので美味しくはありませんが、それほど不味くはありません。なお皮からはレモン味はしませんでした。

餡は鋭いレモンの酸味がする白あん。餡は強烈に甘いのですが、皮と比べると量が少なめなことと、レモンの酸味と香り(香料?)のお陰で重さが若干中和されています。
またレモンの香りはそれほどわざとらしさが感じられないので、むわっと気持ち悪くなることもありません。

評価


ミニストップ/ケイ・エスカンパニーの「瀬戸内レモンどら焼」のおいしさ評価は皮2餡2のおいしさ2。意外にも悪くないというのが率直な感想です。
コスパ評価は価格127円=「4」+おいしさ補正「-1」のコスパ3。入手性評価はミニストップで購入可能ですが6~7月の期間限定だったことを考慮し入手性4-とします。