お名前.comVPSのIPアドレスをDHCPから固定に変更

お名前.com VPSのサーバはDHCPでグローバルIPアドレスを付与されています。
付与されるIPアドレスが変更されることはないのでそのままでも別に問題はありませんが、後学のためにIP固定設定にしてみます。

DHCPから固定設定にして良いのか?

設定変更の前に、そもそも設定を固定設定にしても良いのか?と疑問が残ります。
ヘルプセンターを探してみると、「【VPS(KVM)】OSインストールの際のネットワーク設定について教えてください」というページに
「コントロールパネルに記載のネットワーク情報を static で設定いただいても動作いたします。」とあるので問題ないようです。

デフォルトのifcfg-eth0の設定とデフォルトゲートウェイの確認

ではCentOS6.Xのeth0設定ファイルを確認してみます。

$ cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
DEVICE="eth0"
BOOTPROTO="dhcp"
NM_CONTROLLED="yes"
ONBOOT="yes"
TYPE="Ethernet"

当たり前ですがDHCP設定しかはいっていません。

次に実際に利用されているデフォルトゲートウェイ設定も確認します。

$ route -n
Kernel IP routing table
Destination     Gateway         Genmask         Flags Metric Ref    Use Iface
157.7.142.0     0.0.0.0         255.255.255.0   U     0      0        0 eth0
169.254.0.0     0.0.0.0         255.255.0.0     U     1002   0        0 eth0
0.0.0.0         157.7.142.X     0.0.0.0         UG    0      0        0 eth0

$ traceroute 8.8.8.8
traceroute to 8.8.8.8 (8.8.8.8), 30 hops max, 60 byte packets
 1  v157-7-142-Y.myvps.jp (157.7.142.Y)  12.237 ms  12.583 ms  12.980 ms
 2  ******.interq.or.jp (***.***.***.***)  1.234 ms  1.320 ms  1.411 ms
 3  ******.interq.or.jp (***.***.***.***)  3.391 ms  3.375 ms  5.920 ms
 4  ******.interq.or.jp (***.***.***.***)  3.878 ms  3.930 ms  3.907 ms
 5  ******.ix.jpix.ad.jp (210.171.224.96)  1.174 ms  1.179 ms  1.129 ms
 6  209.85.143.29 (209.85.143.29)  1.761 ms  1.494 ms 216.239.47.89 (216.239.47.89)  1.870 ms
 7  72.14.239.165 (72.14.239.165)  2.061 ms 209.85.255.63 (209.85.255.63)  1.736 ms 209.85.254.185 (209.85.254.185)  1.864 ms
 8  google-public-dns-a.google.com (8.8.8.8)  1.577 ms  1.131 ms  1.431 ms

このVPSのデフォルトゲートウェイは157.7.142.Xが設定されているのに、最寄のGWは157.7.142.Yになっている・・・。
恐らくVRRPの仮想IPが157.7.142.Xで実IPは157.7.142.Yと157.7.142.Zなのでしょうが確信が持てない。

と思っていたら、お名前.comVPSのコントロールパネルにしっかり書いてありました。普段sshでサーバにログインしているのでコンパネなんて使わないんですよね。
onamaevps_defaultgateway

ifcfg-eth0を編集

デフォルトゲートウェイとDNSサーバのIPアドレスが分かったので、ifcfg-eth0を編集して固定設定に変更します。

$ sudo vi cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

DEVICE=eth0
NM_CONTROLLED=no
ONBOOT=yes
TYPE=Ethernet
BOOTPROTO=none
IPADDR=157.7.142.114
PREFIX=24
GATEWAY=157.7.142.X
DEFROUTE=yes
IPV4_FAILURE_FATAL=yes
IPV6INIT=no
ARPCHECK=no
DNS1=***.***.***.***
DNS2=***.***.***.***

ifcfg-eth0の設定変更が終わったら「service network restart」で設定を再読み込み、設定反映は完了です。

/var/log/messagesにDHCPログが記録されないことを確認

固定設定に変更する前は下記のようなログが12時間弱間隔で記録されていましたが、変更以降は表示されなくなりました。またps -auxコマンドからDHCPのデーモンであるdhclientが消えました。

Feb ** **:14:21 rscscp01sv dhclient[2392]: DHCPREQUEST on eth0 to 203.189.96.** port 67 (xid=0x5734f267)
Feb ** **:14:21 rscscp01sv dhclient[2392]: DHCPACK from 203.189.96.** (xid=0x5734f267)
Feb ** **:14:23 rscscp01sv dhclient[2392]: bound to 157.7.142.114 -- renewal in 42146 seconds.

IPアドレス固定設定によるhttpレスポンスタイムの短縮効果はありませんでしたが、多少なりともメモリとCPUの負荷低減になるはずなので良しとします。

スポンサーリンク
レクタングル (大)

レクタングル (大)