WordPress5.0の新機能をプラグインを追加しないで無効化する

ひさしぶりの大型アップデートWordPress5.0が登場しましたね。
本ブログはHTML直で記事を作っているのでGutenbergと相性が良くなく、記事のブロック化ができないことがわかりました。
ですが今後のことを考え、Gutenbergを無効化したうえでバージョンアップしてみました。

1.Gutenbergの無効化

Gutenberg(ブロックエディタ)の無効化はClassic Editorの導入が推奨とのことですが、余計なプラグインは導入したくないのが人情というもの。ということでネットで探してみたところ方法はあっさりありました。
テーマのfunctions.phpに下記の1行を追加するだけでGutenberg(ブロックエディタ)を無効化できます。

functions.phpadd_filter( 'use_block_editor_for_post', '__return_false' );
2.wp-block-library-cssの除去

「1」だけで満足していたのですが、ふとサイトのソースを見ると知らないCSSが1行増えていることに気づきました。ID=wp-block-library-cssのヤツです。

  <link rel='stylesheet' id='simplicity-style-css'  href='https://www.riscascape.net/wp-content/themes/simplicity2/style.css' type='text/css' media='all' />
+ <link rel='stylesheet' id='wp-block-library-css'  href='https://www.riscascape.net/wp-includes/css/dist/block-library/style.min.css' type='text/css' media='all' />

これもネットで調べてみるとGutenberg用のCSSらしいことが分かりました。余計なセッションを発生させたくないので削除したいところ。
ひとまずWordPressディレクトリ内を「wp-block-library」で全文検索してみます。

# find /var/www/html/ -type f|grep .php$|xargs grep -n "block-library"

/var/www/html/wp-includes/script-loader.php:233:                'block-library' => '2.2.9',
/var/www/html/wp-includes/script-loader.php:294:                'block-library' => array(
/var/www/html/wp-includes/script-loader.php:361:                        'wp-block-library',
/var/www/html/wp-includes/script-loader.php:472:                'block-library' => 'default',
/var/www/html/wp-includes/script-loader.php:727:        $wp_scripts->add_inline_script( 'wp-block-library', $script, 'before' );
/var/www/html/wp-includes/script-loader.php:1801:       $styles->add( 'wp-block-library-theme', "/wp-includes/css/dist/block-library/theme$suffix.css" );
/var/www/html/wp-includes/script-loader.php:1802:       $styles->add_data( 'wp-block-library-theme', 'rtl', 'replace' );
/var/www/html/wp-includes/script-loader.php:1806:               "/wp-includes/css/dist/block-library/editor$suffix.css",
/var/www/html/wp-includes/script-loader.php:1811:                       'wp-block-library-theme',
/var/www/html/wp-includes/script-loader.php:1817:               'block-library' => array(),
/var/www/html/wp-includes/script-loader.php:1819:               'edit-post' => array( 'wp-components', 'wp-editor', 'wp-edit-blocks', 'wp-block-library', 'wp-nux' ),
/var/www/html/wp-includes/script-loader.php:2389:       wp_enqueue_style( 'wp-block-library' );
/var/www/html/wp-includes/script-loader.php:2392:               wp_enqueue_style( 'wp-block-library-theme' );
/var/www/html/wp-admin/about.php:19:wp_enqueue_style( 'wp-block-library' );

するとscript-loader.phpファイルの中にwp_enqueue_styleを呼び出しているコードを見つけました。

/var/www/html/wp-includes/script-loader.php:2389:       wp_enqueue_style( 'wp-block-library' );

そこでテーマのfunctions.phpに下記のコードを追加してみます。

functions.phpfunction remove_wp_enqueue_style() {
        wp_dequeue_style( 'wp-block-library' );
}
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'remove_wp_enqueue_style' ,11);

これでwp-block-library-cssが表示されなくなりました。

スポンサーリンク
レクタングル (大)

レクタングル (大)