ESXiのCentOS6仮想マシンにopen-vm-toolsを導入する

VMware仮想マシンの使い勝手を大幅に改善できる「VMware Tools」。
OSがWindowsの場合は全自動なのにLinux(CLI)の場合はインストールが面倒なのがネックでした。
ところが最近yumやapt-getでインストール可能な「open-vm-tools」の存在を知りました。便利そうなので早速導入してみます。

open-vm-toolsとは

Open Virtual Machine Tools (open-vm-tools) はVMware Toolsのオープンソース版。
発表は2007年9月なのでかなり前から開発が始まっていたようです。現在正式に対応しているOSの中にCentOS6は含まれていませんが、epelレポジトリで公開されているのでyumでインストールできるはず。

CentOS6にopen-vm-toolsを導入してみる

早速をyumでインストールしてみます。

# yum install open-vm-tools
Loaded plugins: fastestmirror, security
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.iij.ad.jp
 * extras: ftp.iij.ad.jp
 * remi-safe: mirror.awanti.com
 * updates: ftp.iij.ad.jp
base                                                     | 3.7 kB     00:00
epel                                                     | 4.3 kB     00:00
epel/primary_db                                          | 5.0 MB     00:02
extras                                                   | 3.4 kB     00:00
remi-safe                                                | 2.9 kB     00:00
remi-safe/primary_db                                     |  22 kB     00:00
updates                                                  | 3.4 kB     00:00
updates/primary_db                                       | 4.3 MB     00:02
Setting up Install Process
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package open-vm-tools.i686 0:9.10.2-1.el6 will be installed
--> Processing Dependency: libmspack.so.0 for package: open-vm-tools-9.10.2-1.el6.i686
--> Processing Dependency: libicuuc.so.42 for package: open-vm-tools-9.10.2-1.el6.i686
--> Processing Dependency: libicui18n.so.42 for package: open-vm-tools-9.10.2-1.el6.i686
--> Processing Dependency: libicudata.so.42 for package: open-vm-tools-9.10.2-1.el6.i686
--> Processing Dependency: libdnet.so.1 for package: open-vm-tools-9.10.2-1.el6.i686
--> Running transaction check
---> Package libdnet.i686 0:1.12-6.el6 will be installed
---> Package libicu.i686 0:4.2.1-12.el6 will be installed
---> Package libmspack.i686 0:0.5-0.1.alpha.el6 will be installed
--> Finished Dependency Resolution

Dependencies Resolved

================================================================================
 Package              Arch        Version                     Repository   Size
================================================================================
Installing:
 open-vm-tools        i686        9.10.2-1.el6                epel        447 k
Installing for dependencies:
 libdnet              i686        1.12-6.el6                  epel         28 k
 libicu               i686        4.2.1-12.el6                base        5.0 M
 libmspack            i686        0.5-0.1.alpha.el6           epel         62 k

Transaction Summary
================================================================================
Install       4 Package(s)

Total download size: 5.5 M
Installed size: 20 M
Is this ok [y/N]:

Is this ok [y/N]: y
Downloading Packages:
(1/4): libdnet-1.12-6.el6.i686.rpm                       |  28 kB     00:00
(2/4): libicu-4.2.1-12.el6.i686.rpm                      | 5.0 MB     00:03
(3/4): libmspack-0.5-0.1.alpha.el6.i686.rpm              |  62 kB     00:00
(4/4): open-vm-tools-9.10.2-1.el6.i686.rpm               | 447 kB     00:00
--------------------------------------------------------------------------------
Total                                           842 kB/s | 5.5 MB     00:06
Running rpm_check_debug
Running Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
  Installing : libdnet-1.12-6.el6.i686                                      1/4
  Installing : libicu-4.2.1-12.el6.i686                                     2/4
  Installing : libmspack-0.5-0.1.alpha.el6.i686                             3/4
  Installing : open-vm-tools-9.10.2-1.el6.i686                              4/4
Non-fatal POSTIN scriptlet failure in rpm package open-vm-tools-9.10.2-1.el6.i686
サービス vgauthd に関する情報の読み込み中にエラーが発生しました: そのようなファイルやディレクトリはありません
warning: %post(open-vm-tools-9.10.2-1.el6.i686) scriptlet failed, exit status 1
  Verifying  : libmspack-0.5-0.1.alpha.el6.i686                             1/4
  Verifying  : libicu-4.2.1-12.el6.i686                                     2/4
  Verifying  : open-vm-tools-9.10.2-1.el6.i686                              3/4
  Verifying  : libdnet-1.12-6.el6.i686                                      4/4

Installed:
  open-vm-tools.i686 0:9.10.2-1.el6

Dependency Installed:
  libdnet.i686 0:1.12-6.el6                  libicu.i686 0:4.2.1-12.el6
  libmspack.i686 0:0.5-0.1.alpha.el6

Complete!

#

vgauthdでエラーが出ていますが、恐らくXwindow関係だと思います。CLIからしか使っていないので問題ないと思います。

vSphere Clientでopen-vm-toolsの動作を確認する

インストール後に動作確認のためにvSphere Clientを見てみたのですが、インストール直後はopen-vm-toolsは起動していないようです。
vm-no-vmwaretools

では手動でサービスを起動しようとコマンドを打ちましたが、存在しないと怒られます・・・

# service open-vm-tools status
open-vm-tools: 認識されていないサービスです。

仕方ないのでchkconfigを見てみると「vmtoolsd」の名前で登録されているようです。

# chkconfig --list |grep tools
vmtoolsd        0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
# service vmtoolsd status
vmtoolsd は停止しています
# service vmtoolsd start
vmtoolsd を起動中:                                         [  OK  ]
#

vm-open-vmwaretools
DNS名、IPアドレス、CPU/メモリ/ディスク使用率などが見えるようになり、vSphere ClientからゲストOSにシャットダウン指示を与えられるようになりました。

CentOS6でも特に問題なくopen-vm-toolsを利用できました。しかもepelレポジトリが入っていればとても簡単にインストールできます。これくらい楽なら、一時的にしか使わない検証用Linuxサーバに入れてもいいかも。

スポンサーリンク
レクタングル (大)

レクタングル (大)