どら焼きまとめ一覧

いろいろな視点からどら焼きをまとめます。

おいしさまとめ
  • おいしさ5 : 目的のものを買うためだけにお出かけしたいほど美味しいどら焼き
  • おいしさ4 : 出かけるついでに近くにお店があれば立ち寄りたいどら焼き
  • おいしさ3 : お店で見かけたら確保したいどら焼き
  • おいしさ2 : 1度食べたら十分などら焼き
  • おいしさ1 : もう食べたくない、お勧めしないどら焼き
コスパまとめ
  • コスパ5 : 基本的に安くて美味しいどら焼きが多め。
  • コスパ4 : 美味しいのに安いどら焼きが多め。
  • コスパ3 : バランスの良いどら焼きが占めます。
  • コスパ2 : 美味しいけれどちょっと高め系が多め。
  • コスパ1 : ネタ系どら焼きが多め。
  • コスパ0 : 500円オーバーのどら焼きがほとんど。
入手性まとめ
  • 入手性5 : 全国いつでもどこでも入手可能などら焼き。
  • 入手性4 : 主要都市の駅やデパートなどにも展開しているお店のどら焼き
  • 入手性3 : 他県にも展開するようなチェーン店などのどら焼き
  • 入手性2 : 県内で多店舗展開する規模のお菓子屋さんのどら焼き
  • 入手性1 : そのお店だけでしか買えないどら焼き
  • 通販可能 : 通販でお取り寄せ可能などら焼き
  • 期間限定 : 期間限定販売のどら焼き
  • コンビニ : コンビニで購入可能などら焼き
  • デパ地下 : デパ地下で購入可能などら焼き
  • スーパー : スーパーで購入可能などら焼き
価格帯まとめ
  • 500円以上 : 超高級どら焼き(コスパ基準「0」)
  • 251円以上 : 高級どら焼き(コスパ基準「1」)
  • 201-250円 : ちょっと高めなどら焼き(コスパ基準「2」)
  • 151-200円 : これくらいが手に取りやすいどら焼きですよね(コスパ基準「3」)
  • 101-150円 : 安いことはいいことです(コスパ基準「4」)
  • 100円以下 : 基本的にミニどら焼きが該当します(コスパ基準「5」)
地域まとめ
いろいろなどら焼き
スポンサーリンク
レクタングル (大)
レクタングル (大)